ひつじの社会奮闘記。

気づけば社会人3年生。

やっと転職先が決まった話

こんばんは。めえです。

社会人三年目にして

三度目の正直で転職先が決まりました。

 

辞める辞める言い続けて3年

毎年恒例転職活動でしたが、

今回のは色々違ったかな

 

転職してなりたい自分がはっきりと描けてたし、それを伝えるための努力もできた。

今まではどうしても、仕事を変えることが目的になってしまってて

でもそれに気づいてもどうして良いか分からなくて

途方に暮れてました。

 

解決策を、ヒントを教えてくれるのはいつも周りの人です。

 

面接の日ビール飲んでから行くとか言ってたけど

やっぱ無理でした! 

ましでそんな気分なれなくて一瞬で却下

 

 

そして

 

年明けから東京にゆくことになりました。

憧れのシティガールです(謎)

 

ばりばり働いてお金を稼ぐ快感を味わいたい(病気)

 

お金は大事

お金が全てじゃないって分かってるけどとにかく大事だから!!

 

稼げるか分かんないけど稼いでやるーっていう勢いだけはある。

やる気もある。

若さもある。

根拠のない自信もある。

 

無いのは経験だけ!

 

待ってろ東京!!

 

本日社長より東京行くならメジャーデビューしろよっていう意味深メッセージを頂きました。

 

応援されてる!!脳内変換

 

ありがとうございました。

また転職活動を始めた話

こんばんは。めえです。

 

懲りずにまた転職活動はじめました。

 

社会人3年目にして3度目の。

そもそも入社以来ずっと安定して辞めたいんですけどね!

仕事辞めるが口癖なってて最近は友達にもまだ言ってるのかとゆー反応になりつつあるくらいにはずっと言ってる。

 

そろそろ本気で辞めないと口だけになってしまうわ(´・_・`)

 

懲りずにまたエージェントさんについてもらってます。

 

1人じゃできない。←断言

 

いつまでに書類仕上げる!とか、内定もらう!という責任感を持たせるためにも。

 

エージェントを使うメリットって1人じゃないっていう、精神安定剤的な役割もあると思います。

 

でも今回ひとつ違うのは、大手のエージェントではなく、個人でやってる人と二人三脚での活動になるというところです。

 

毎回、面談が4時間ぐらい(笑)

 

仕事って人生の大半の時間を費やすものだから。今度こそちゃんと考えて決めたいな。

 

泥くさーいやり方ですが、そういう方が合ってるので。

良いご縁を掴めますように。

 

そうそう、今回はビール一杯飲んでから面接行こうって、割とマジメに考えてます。

 

変に自分を良く見せようっていうのが染み付いてるから、それを打破させるにはアルコールで思考を鈍らせるしかない。

 

割とマジメです。

 

ではでは。

 

2年半付き合った彼氏と婚約破棄した話

お久しぶりです。

突然ですが、年明けに彼氏と別れました。

 

去年の8月にプロポーズされ、結婚話をすすめているところでしたが

 

すごくざっくり言ってしまうと

 

なんか違和感がぬぐえなくて

 

やっぱ無理!!!!ってなりました。

 

10も上の人無理!!(そこかよ)

 

ていうか私に結婚はまだ早かった。

やりたいことも行きたい場所もたーくさんあるし

仕事も違うことしたいし、友達とも遊びたいし

 

別れた理由は100個ぐらい並べられるけど、きっとタイミングじゃなかったのでしょう!

 

もともとうちの家族もいい顔はしていなかったので

別れようと思うと伝えたときは皆嬉しそうでした。

この時点でこんな結婚しなくて良かった。

まわりに祝福されない結婚は私はしたくないって気づいたなぁ。

 

ずっと大好きとか死ぬまで一緒とか散々言い合ってきたけど

別れるときは別れるし、そんな言葉を言い合う暇があったのなら

もっと根本的な信頼関係を構築するほうに時間を使ったほうが

良かっただろうなと思います。

 

そのへん全然できてなかった。

 

 

そして別れてからの切り替えの早さにびっくりしてます。

別れを切り出す前は怖くて、後悔するかな~と不安に思ってたけど

今となっては何があんなに好きだったのか思い出せないくらいです。

女って残酷!!

 

 

こんなに長く一人の人と真剣に付き合ったのははじめてでした。

最初はほんとに楽しくて大好きで

間違いなく運命の人だって思ってた(笑)

 

人の感情ってあてにならないものですね。

 

2年半の間たくさん悩んだし

いろんな気付きや発見がありました。

 

きっと次はもっと良い恋愛ができると思います。

 

 

それでは。

 

淡路島の花火大会のお話

淡路島の花火大会に行きました。

ここの花火大会は本当に素晴らしい。

規模的にはそんなに大きくないですが バランスがとっても良いと思うのです。

何より海の上にどでかい花火が打ち上げられる景色が大好きで。

お祭りなのでそこそこ人は多いけど、ほかの都会の花火大会に比べるとずっと動きやすい。 直前に会場に行っても、ばっちり花火見られる。

ほんとうに。花火が降ってくるんじゃないかって少し怖くなるぐらいの迫力で。

去年は台風で中止だったので、今年で二回目なんですがやっぱりすごくいい。

この年になっても花火見てぞわぞわーって鳥肌立つ。 まだわたしのこころ、けがれてなかった。 そのくらい感動します! 特にフィナーレの迫力は見事としか言いようがないです。

小学校のときの先生がよくいってたけど

「終わりよければ すべてよし。」

フィナーレがショボイ花火大会って、まじで萎える。 それまでが結構よくても、あれはいかん。台無し。

淡路の花火が素晴らしすぎて、小さいころから親しんでる地元の花火大会が なんだか少し物足りなく思えてくる次第です。かなしい。

それくらい、わたしのツボにハマってくれた

あわじ島まつりの花火さん、

来年もぜひ、感動と鳥肌をください。そわぞわしたい。

関西圏にお住みの方でどこの花火見ようか迷っているひとは、淡路島にお越しください。

なんでこんな宣伝してるんかわからんけど、とりあえずお勧めです!!! 大好き!!!

そして、 淡路島のお祭りの裏ハイライトは ピンス焼き と呼ばれるカステラ焼きです。

わたくしの地元高知では、玉子焼きと呼ばれてました。

けっこう呼び方にも地域差があるんですね。

でもでも。淡路島のピンス焼きはね、なんと

中が半熟なんです

はじめて食べた時はびっくりした。 おいしいとか以前に、びびったわ。

これ食べても平気なの? 要は君つまりこれはその、生焼けってことですよね でもおなかレベルが幼稚園児ぐらいの彼氏でも 平気だと言っておられたので、まぁ大丈夫なのかなと。

一個二個と食べてるうちに、くせになる味です。 半熟の生地のとこが、カスタードクリームみたいに思えてくるのはなぜだろう。 焼きたての半熟は特に美味しい。

あっつあつでとろとろ。笑

そんな夏の一ページの報告でした。

ではでは。

エージェントを使った転職活動のお話

こんにちわ。めえです。 大阪では昨日に続きゲリラ豪雨がありました。

洗濯物を取り込むために一旦家に帰らせてくれる上司まじGODです。 まぁ自転車で五分っていう立地なのもあるけれども。 しかしゆるいよなぁと思います。

ここから本題。

わたくし六月より転職活動をしておりまして、 パソナのエージェントさんのお力をお借りしている真っ最中なのですが

笑っちゃうぐらい面接通らない。

書類選考は通っても一次面接でかならず落とされます。 これは新卒のときも一緒。

エージェントさん経由で面接のフィードバックがあるけど だいたい、堅い。とか、おとなしい、とか言われますね。 真面目そうなのは伝わったけどなんたらかんたら

こういう第三者目線の意見がもらえるのは すごくありがたい。

でもなんでこうもガチガチになっちゃうのか、、 面接苦手だからなーとは前から思ってたけど ここまでくると私コミュ障なんじゃないかと思ってしまうよね。

そんなに志望度高くないとこでも、お見送りの連絡だとやっぱりへこみます。

っていうか志望度高くないからなのか

本気で行きたい気持ちが足りないのか

その辺見透かされてるのかもしれませんね。

なんかこうも落ち続けてると 開き直ってくるわ。

そんな私の状況を見かねてか、エージェントさんから 面接練習を提案されました。

ぜひぜひ練習してほしい。 そしてフルボッコにしてほしい。

何か今は、そんぐらいしてもらったほうがためになる気がする。 今後の方向性を見極めるためにも。

その場その場で動いているイメージって言われたけど その通りだしなぁ。反論できない。 その場その場のベストを尽くすことの何が悪いのか分かりません。

それでは。