ひつじの社会奮闘記。

気づけば社会人3年生。

甘い

考えがあまかった


それはほんと。
奨学金払ってくれるだけありがたいと思うべきだよね。親に返す形になるだけ安心感全然違うしな。

これからどうするんだろうか私は。

高知に帰ってもなぁ
なにがあるんだ?
高知で絵を書く仕事はあるのか?

都会に出なきゃっていう考えから違うのかな?ねえ?そうなのかな?


都会にいたほうがそりゃ色んな可能性やチャンスたたくさんあるように見える…けど実際高知では何もできないわけじゃない。

けど私高知でやっていける自信が全然無いです。
高知は好きだけど
嫌で飛び出したっていうのもあって
なんか、帰っちゃうのも釈だしなぁ
こういうとこ負けず嫌いというか

やっぱ、飽きそうで怖い
あの飽きたときの閉塞感というか
あれが来るのが怖い

活躍の拠点をとりあえず高知にするのもありですけど…けどなぁ

お母さんと暮らすのやだなぁ。
やだやだ。
考えただけで吐き気がするぜ。
おばぁちゃんとならまだしも。
お母さんと暮らすとか鬱レベル。

しかも実家にかくまってもらうとか、なんか申し訳ない気持ちでやってける自身が無いです。

高知はほんとーーに良いところです。
高知に生まれたことを誇りに思ってる部分もあります。
でもそれは関西に出てから気づきました。

人生思うようにいかない。
それは分かってるつもりです
でもその思うようにいかない事態でさえ私は楽しみたいんです。
楽しむことにほんとに貪欲。

まぁ結果どうなるか分からんけどね。
どうなるんやろ。
だがしかし私はやっぱり…
自分の可能性を試してみたいんです。