ひつじの社会奮闘記。

気づけば社会人3年生。

エージェントを使った転職活動のお話

こんにちわ。めえです。 大阪では昨日に続きゲリラ豪雨がありました。

洗濯物を取り込むために一旦家に帰らせてくれる上司まじGODです。 まぁ自転車で五分っていう立地なのもあるけれども。 しかしゆるいよなぁと思います。

ここから本題。

わたくし六月より転職活動をしておりまして、 パソナのエージェントさんのお力をお借りしている真っ最中なのですが

笑っちゃうぐらい面接通らない。

書類選考は通っても一次面接でかならず落とされます。 これは新卒のときも一緒。

エージェントさん経由で面接のフィードバックがあるけど だいたい、堅い。とか、おとなしい、とか言われますね。 真面目そうなのは伝わったけどなんたらかんたら

こういう第三者目線の意見がもらえるのは すごくありがたい。

でもなんでこうもガチガチになっちゃうのか、、 面接苦手だからなーとは前から思ってたけど ここまでくると私コミュ障なんじゃないかと思ってしまうよね。

そんなに志望度高くないとこでも、お見送りの連絡だとやっぱりへこみます。

っていうか志望度高くないからなのか

本気で行きたい気持ちが足りないのか

その辺見透かされてるのかもしれませんね。

なんかこうも落ち続けてると 開き直ってくるわ。

そんな私の状況を見かねてか、エージェントさんから 面接練習を提案されました。

ぜひぜひ練習してほしい。 そしてフルボッコにしてほしい。

何か今は、そんぐらいしてもらったほうがためになる気がする。 今後の方向性を見極めるためにも。

その場その場で動いているイメージって言われたけど その通りだしなぁ。反論できない。 その場その場のベストを尽くすことの何が悪いのか分かりません。

それでは。